バナー

カードローンには銀行系と消費者金融系がある

カードローンは大きく分けて銀行系と消費者金融系があります。

ローンカードを利用してお金を借りられると言った点は同じですが、サービス内容に多少の違いがありますので、異なる点を認識して状況に応じた方を利用することが大切です。

All Aboutの情報サイトはこちらです。

銀行系カードローンの最大の特徴は、金利の低さです。

カードローンに関しての関心度が高まっています。

お金を借りた場合は必ず元本に利息をプラスして、返済しなければいけません。

その為、出来るだけ低い金利で融資を受けることがお金を借りる際には最も重要ですので、銀行系カードローンの金利の低さは非常に魅力的です。

また、最大利用限度額の大きさも銀行の特徴ですが、この点に関してはあまり大きな影響はありません。
なぜなら、利用可能額は年収に応じて決められますので、仮に800万円や1,000万円と言った高額な融資を受けるには、年収が数千万円必要になってしまいます。その為、多くの人にとっては、最大利用限度額は銀行でも消費者金融でも大きな違いはありません。
一方、消費者金融系カードローンの特徴は、手軽に利用出来る点が挙げられます。


審査時間も非常にスピーディーですので、急な出費にも対応することが出来ます。


また審査のハードルに関しても銀行より緩やかと言われていますので、利用し易いです。
さらに、消費者金融には無利息期間サービスが提供されているケースがあります。
初めての利用の方に限り、一定期間は金利が一切かからないサービスですので、上手く利用すれば金利の低い銀行よりも消費者金融の方が金利面でメリットが大きいこともあります。